コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスーデ・サーデ・サルマーン Mas`ūd-e Sa`d-e Salmān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスーデ・サーデ・サルマーン
Mas`ūd-e Sa`d-e Salmān

[生]1047. ラホール
[没]1121頃
ペルシアの詩人。ガズニー朝末期のスルタンに仕えた宮廷詩人で,頌詩詩人として名高い。 40歳頃から政治的陰謀に巻込まれて投獄され,長年月を獄中で過した。作品『マスーデ・サーデ・サルマーン詩集』 Dīwān-e Mas`ūd-e Sa`d-e Salmānは頌詩と獄中詩が主で,特に獄中詩はペルシア文学史上高い地位を占める。ガズニー朝初期の偉大な詩人の作品にならった頌詩も高い評価を受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マスーデ・サーデ・サルマーンの関連キーワード国鉄労働組合スライフ朝クレメンス2世源俊房方臘米国の大学スポーツビジネス魁皇国鉄改革とJR不採用問題周期表浄瑠璃寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android