コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マゼランクロス マゼランクロスMagellan's Cross

世界の観光地名がわかる事典の解説

マゼランクロス【マゼランクロス】
Magellan's Cross

フィリピン中部のセブ島(Cebu Island)の、中心都市セブの市街にある、巨大な木製の十字架。1521年に、フマボン王とファナ女王と400人の臣下がフィリピン人初のキリスト教徒として洗礼を受けたことで、マゼランが建立したといわれる。◇マゼランクロスは、サントニーニョ教会(Santo Nino Curch)の隣にある八角形の建物の中にある。この建物は、マゼランクロスを保護するために、1834年に建てられた。堂の天井には十字架制作時の様子が色鮮やかに描かれている。いつしか、この十字架を削りとって飲むと万病に効くといわれるようになり、十字架は少しずつ削り取られていった。現在は全壊を防ぐため、十字架は木のカバーで覆われている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マゼラン‐クロス(Magellan's Cross)

フィリピン中央部、セブ島の都市セブにある木製の十字架。1521年、マゼランのフィリピン初上陸に際して作られたもの。この地の有力者だったフマボン王とファナ王女、および400人の臣下がフィリピンで最初に洗礼を受けた場所に置かれ、1984年に八角形の堂が建てられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マゼランクロスの関連キーワードアフマッド・アミーンセブ島セブ島の道教寺院セブ島のビバリーヒルズイスラム教ダーイシュVLANタギング方式イスラム哲学イラン革命ジハード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android