マックス アインホルン(英語表記)Max Einhorn

20世紀西洋人名事典の解説

マックス アインホルン
Max Einhorn


1862 - 1953
米国の内科医。
ロシア・グロドノ生まれ。
十二指腸ゾンデをはじめ胃内照明具や胃ゾンデ等多くの医療器械を創作し局所麻酔材剤ノボカインの合成にも成功,十二指腸ゾンデを使用するメルツェル・リヨン法によって黄疸や胆石症等の治療は長足の進歩を遂げた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android