マックス アインホルン(英語表記)Max Einhorn

20世紀西洋人名事典の解説

マックス アインホルン
Max Einhorn


1862 - 1953
米国の内科医。
ロシア・グロドノ生まれ。
十二指腸ゾンデをはじめ胃内照明具や胃ゾンデ等多くの医療器械を創作し局所麻酔材剤ノボカインの合成にも成功,十二指腸ゾンデを使用するメルツェル・リヨン法によって黄疸や胆石症等の治療は長足の進歩を遂げた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android