コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツオウジ Lentinus lepideus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツオウジ
Lentinus lepideus

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。夏秋の頃,主としてマツの切り株や枯れた材に生じる。傘は5~15cm,柄の長さ2~8cm,まれに径 30cmに達する大型のキノコ。傘は丸山形,のちに平らになり中央がわずかにくぼむ。表面は乾いて白色から淡黄土色,外被が破れてできる褐色鱗片が環状に並んでいる。ひだは白色でのちに淡黄色。柄は径1~1.5cm,傘の表面と同色,繊維状で褐色の鱗片におおわれている。胞子紋は白色。樹脂臭が強いが食用となる。日本全土にみられ,北アメリカ,ヨーロッパ,オーストラリア,中国,シベリア,小アジアにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マツオウジの関連キーワードブクリョウ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android