コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツバハリタケ(松葉針茸) マツバハリタケBankera fuligineoalba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツバハリタケ(松葉針茸)
マツバハリタケ
Bankera fuligineoalba

担子菌類ヒダナシタケ目イボタケ科。アカマツ林の地上に群生するので上面にしばしば松葉をつけて生長する。傘は5~15cm,初め丸山形,のちに平らに開くと中央がくぼみ,縁が波打って浅く裂ける。表面は淡肉桂色または材木色。裏面は白色で,長さ2~8mmの針が密に垂れ下がっている。柄は太くて短く径1~1.2cm,長さ2~3cm。食用キノコとして味と香りを賞味される。本州に知られ,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android