コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハラアルクブラ Al-Mahallah al-Kubrā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハラアルクブラ
Al-Mahallah al-Kubrā

エジプト北部,ガルビーヤ県の都市。ズムヤート川の西側,タンタの北東 30kmに位置する。 10世紀以降この地方の重要な商業の中心地であった。綿花の大産地を控え,1927年近代的紡績工場を創設してから,エジプト綿織物の大センターとなった。綿織物のほかに,毛織物,リンネル,メリヤス類も生産。労働者用の諸設備が整っている町で,カイロからタンタを経由してズムヤートへ向う鉄道沿線にある。人口 38万 5300 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マハラアルクブラの関連キーワードカフルアッシャイフ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android