マハーニルバーナ・タントラ(読み)マハー・ニルバーナ・タントラ(英語表記)Mahānirvāna-tantra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーニルバーナ・タントラ
マハー・ニルバーナ・タントラ
Mahānirvāna-tantra

ヒンドゥー教,左道シャクティ派のサンスクリット語による宗教文献。法典の性格ももつ。 18世紀後半に書かれたとされるが,作者は不詳。伝統的思想を継承しつつも近代性を示していることから,改革思想家ラーム・モーハン・ローイや宗教家ビベーカーナンダなどに影響を与え,インド近代思想の先駆として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android