コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバストゥ Mahāvastu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーバストゥ
Mahāvastu

仏教の大衆部 (だいしゅぶ) 系統の出世部でつくられた仏伝。俗に仏教梵語といわれる古典文法に一致しない部分のあるサンスクリット語で書かれている。マハーバストゥは直訳すれば「大事」で,その内容は雑然としているが,釈尊事跡および過去世物語 (本生) などを記述したもので,律蔵に属する部分もあり,また大乗的な思考もみられる。3編に分れ,第1編は釈尊の前生,第2編は悟りを開くまでの事跡,第3は初転法輪と,大弟子たちの本生話を記している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マハーバストゥの関連キーワードエミール・C.M. スナール

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android