前生(読み)ぜんしょう

精選版 日本国語大辞典「前生」の解説

ぜん‐しょう ‥シャウ【前生】

〘名〙 (古くは「ぜんじょう」とも) 仏語。このの中に、人間として生まれてくる以前に生をうけていた世。また、その生。前の世。前世先生(せんじょう)ぜんせい。⇔今生(こんじょう)
※三指帰(797頃)下「但頃日間、適遇良師之教、既醒前生之
浮世草子西鶴織留(1694)一「富貴の家にうまれ出るは、前生(ゼンシャウ)の種也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「前生」の解説

ぜん‐しょう〔‐シヤウ〕【前生】

仏語。この世に生まれる前の世。前世ぜんせ。→後生ごしょう今生こんじょう
[類語]前世宿世

さき‐しょう〔‐シヤウ〕【前生】

前世ぜんせ。ぜんしょう。
「―よりの奇縁ぢゃと」〈八百屋お七

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android