マフディーア(英語表記)Al-Mahdīyah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフディーア
Al-Mahdīyah

別綴 Mahdia。チュニジア中央東部,マフディーア県の県都。地中海に突出た岩地の半島マフディーア岬に位置する。カルタゴを建設したフェニキア人に続いて,ローマ人もここを貿易基地にしていたが,有名になったのは 921年にファーティマ朝がここを首都にしてからである。町の名称はファーティマ朝の開祖ウバイドゥッラー・アルマフディーに由来している。地中海の要衝にあるので,12世紀にはノルマン人,16世紀にはスペイン人がここを占領したこともある。沖合い 6kmでアテネの美術品を積んだ前1世紀頃のガリー船が発見され,「マフディーアの古代ガリー船」と名づけられた。 10世紀の美しいモスクや 16世紀のトルコの要塞,古代の港の遺跡もある。現在は小さな漁港で,オリーブの栽培,オリーブ油の製造などが行われ,伝統的織物の産地でもある。人口3万 5742 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android