マホメットなくしてシャルルマーニュなし

旺文社世界史事典 三訂版の解説

マホメットなくしてシャルルマーニュなし
マホメットなくしてシャルルマーニュなし

ベルギーの中世史家アンリ=ピレンヌが提唱した言葉
ピレンヌが『マホメットシャルルマーニュ』(1922)などの論文で発表。彼は西欧中世の始まりをゲルマン民族の侵入と西ローマ帝国の滅亡にあるのではなく,カロリング朝時代のイスラーム教徒の地中海進出・制覇と地中海貿易の途絶にあるとした。この結果,西欧は地中海から切り離されて,内陸農業国家へと変質し,カール大帝(シャルルマーニュ)がこれに対応した国家建設を行ったと考える。したがって,カール大帝の登場は,イスラーム勢力の進出という外部の衝撃なくしてはありえなかったと説く。彼の学説は大きな反響を呼び,その後批判説も出されたが,イスラーム勢力の地中海世界進出が西欧中世史に影響をおよぼしたという視点は,評価されている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android