コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途絶/杜絶 トゼツ

デジタル大辞泉の解説

と‐ぜつ【途絶/×杜絶】

[名](スル)続いていた物事がとぎれてえること。また、続いて行われてきたことを絶つこと。「連絡が―する」「弊習を―する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の途絶/杜絶の言及

【意欲障害】より

…鬱(うつ)病の一症状である。〈途絶blocking〉 一定の意志傾向とそれに相反する傾向が対立し,そのために行動が停止してしまうこと。分裂病の一症状である。…

※「途絶/杜絶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

途絶/杜絶の関連キーワードマーズポーラーランダーThe Arcadiaチャンドラヤーン一号小惑星探査機はやぶさフークオック[島]マーズオブザーバーデリンジャー効果エクソマーズ計画途絶ゆ・跡絶ゆ明治製菓[株]途切れ・跡切れ生糸荷預所事件三省堂[株]ブロック療法オコタンペ湖特別豪雪地帯バブヤン諸島虚血性骨壊死西廻り航路ミシン工業

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android