マメザトウムシ(読み)まめざとうむし

  • Caddo agilis
  • まめざとうむし / 豆座頭虫

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ形綱ザトウムシ目マメザトウムシ科に属する陸生動物。多くのザトウムシと異なり、眼丘(がんきゅう)と目が巨大で頭胸部の大半を占め、非常に奇妙な外観を呈し、現在、3種が北アメリカ、メキシコ、日本に隔離分布しているが、このことは動物地理学上、興味深いことである。体長2.5ミリメートル内外、脚長7~11ミリメートルの小形種で、体の背面は黄褐色で下面は薄黄色。日本産の種は西日本の原生林にすみ、樹幹をすばやく走り、落ち葉やコケの中でもみられる。

[森川国康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android