コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラリア療法 マラリアリョウホウ

2件 の用語解説(マラリア療法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マラリア‐りょうほう〔‐レウハフ〕【マラリア療法】

毒性の比較的弱い三日熱マラリア病原虫を接種して行う発熱療法梅毒治療などに用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマラリア療法の言及

【発熱療法】より

…19世紀後半,腸チフスにかかって発熱した精神病者の精神症状が消失したとの報告から,発熱の精神病治療への応用が考えられるようになった。1917年にヤウレックJulius Wagner Jauregg(1857‐1940)によって,梅毒性精神病の進行麻痺に対する三日熱マラリア原虫接種による発熱療法(マラリア療法)が確立した。ヤウレックはこれによって1927年度のノーベル生理・医学賞を受けた。…

※「マラリア療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone