コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラリア療法 マラリアリョウホウ

2件 の用語解説(マラリア療法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マラリア‐りょうほう〔‐レウハフ〕【マラリア療法】

毒性の比較的弱い三日熱マラリア病原虫を接種して行う発熱療法梅毒治療などに用いられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マラリアりょうほう【マラリア療法】

マラリアに感染させて行う発熱療法の一種。主に梅毒の治療に用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマラリア療法の言及

【発熱療法】より

…19世紀後半,腸チフスにかかって発熱した精神病者の精神症状が消失したとの報告から,発熱の精神病治療への応用が考えられるようになった。1917年にヤウレックJulius Wagner Jauregg(1857‐1940)によって,梅毒性精神病の進行麻痺に対する三日熱マラリア原虫接種による発熱療法(マラリア療法)が確立した。ヤウレックはこれによって1927年度のノーベル生理・医学賞を受けた。…

※「マラリア療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マラリア療法の関連キーワード発熱療法マラリア血液寄生虫三日熱マラリア病原虫急性毒性試験病原微生物精神耗弱指数ブーダンの法則ピロプラズマ病