コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラリア療法 マラリアリョウホウ

大辞林 第三版の解説

マラリアりょうほう【マラリア療法】

マラリアに感染させて行う発熱療法の一種。主に梅毒の治療に用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のマラリア療法の言及

【発熱療法】より

…19世紀後半,腸チフスにかかって発熱した精神病者の精神症状が消失したとの報告から,発熱の精神病治療への応用が考えられるようになった。1917年にヤウレックJulius Wagner Jauregg(1857‐1940)によって,梅毒性精神病の進行麻痺に対する三日熱マラリア原虫接種による発熱療法(マラリア療法)が確立した。ヤウレックはこれによって1927年度のノーベル生理・医学賞を受けた。…

※「マラリア療法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マラリア療法の関連キーワードマラリア毒性一種

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android