コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発熱療法 はつねつりょうほう pyretotherapy

2件 の用語解説(発熱療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発熱療法
はつねつりょうほう
pyretotherapy

人為的に人体に熱を出させることによって病気を治療する方法。 J.ワーグナー・フォン・ヤウレッグ1917年に創始した,中枢神経系の梅毒性疾患に対する特異療法がそのおもなもの。三日熱マラリアチフスワクチンの接種によって高熱を発生させ,治療する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はつねつりょうほう【発熱療法 pyretotherapy】

神経梅毒,とくに進行麻痺の治療法の一つ。19世紀後半,腸チフスにかかって発熱した精神病者の精神症状が消失したとの報告から,発熱の精神病治療への応用が考えられるようになった。1917年にヤウレックJulius Wagner Jauregg(1857‐1940)によって,梅毒性精神病の進行麻痺に対する三日熱マラリア原虫接種による発熱療法(マラリア療法)が確立した。ヤウレックはこれによって1927年度のノーベル生理・医学賞を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

発熱療法の関連キーワード神経ブロック進行麻痺電気療法脳梅毒ベル麻痺ゲシュタルト療法神経梅毒迷走神経切断若年進行麻痺リッサウアー型進行麻痺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone