コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリュスの定理 マリュスノテイリ

2件 の用語解説(マリュスの定理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マリュス‐の‐ていり【マリュスの定理】

波面に垂直な光線束は、等方性をもつ媒質中で何度反射や屈折を繰り返しても、波面に垂直であるという定理。19世紀初頭、フランス物理学者エティエンヌ=ルイ=マリュスが発見。光線のマリュス則

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマリュスの定理の言及

【光線束】より

…一般に一つの直交曲面を共有する光線の集りを光線束という。いろいろな光線の集りの中で光線束をとり出して考える理由は,〈ある一つの曲面を垂直に通過する光線群は,反射や屈折を何度か繰り返した後も,また他の一つの曲面に直交している〉というマリュスの定理Malus’ theorem(1808年にフランスのマリュスEtienne Louis Malus(1775‐1812)が発表)が成り立つからである。この定理は屈折率が連続的に変化する物質中を通過する光線群についても成り立つ。…

※「マリュスの定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone