光線束(読み)こうせんそく(英語表記)pencil of rays

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光線束
こうせんそく
pencil of rays

光線の集り幾何光学では光の通る道筋を示すのに光線を用い,光エネルギーの流れは多数の光線の集りであると考える。すべての光線またはその延長が1点で交わるときを共心光線束,1点に集中してゆくようなときを集束光線束,1点から広がってゆくときを発散光線束という。また1点に交わらないときを非点光線束という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせんそく【光線束 pencil of light rays】

一つの点光源から発する多数の光線を考え,これらの光線上で光源から光路長の等しい点を結んでできる曲面を(光波の)波面という。この曲面は光源からそこへ至る所要時間の同じ点の集りであり,同時に放射された光の波の等位相面である。光は光源から面上の点までの間で所要時間が最小となる径路をとる(フェルマーの原理)から,光線はいずれもこの曲面に垂直である。一般に一つの直交曲面を共有する光線の集りを光線束という。いろいろな光線の集りの中で光線束をとり出して考える理由は,〈ある一つの曲面を垂直に通過する光線群は,反射や屈折を何度か繰り返した後も,また他の一つの曲面に直交している〉というマリュスの定理Malus’ theorem(1808年にフランスのマリュスEtienne Louis Malus(1775‐1812)が発表)が成り立つからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうせん‐そく クヮウセン‥【光線束】

〘名〙 幾何光学用語で、集合して一群となった光線のたば。発散光線束、収斂(しゅうれん)光線束、平行光線束など。光束。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android