コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルク伯領 マルクはくりょうGrafschaft Mark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルク伯領
マルクはくりょう
Grafschaft Mark

神聖ローマ帝国の西北部,ウェストファリア地方に形成されたドイツの小領邦。首都はハム。マルク伯は 1368年にクレーベ公国を相続,1511年にはユーリヒ,ベルク両公国をも合せたが,1609年公家の断絶とともに「ユーリヒ=ベルク継承紛争」が起り,その結果,マルクはクレーベとともに 1614年ブランデンブルクプロシアの一州となった。都市の発達したこの地方は,のちにルール工業地帯としてドイツ産業革命の中心地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報