コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチワードDMAモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチワードDMAモード

IDEインターフェイスにおいて、複数のデータを連続的に一括でDMA転送するモードATA-2/3/4では、マルチワードDMAモード 0~2までが定義されており、それぞれ4.2M/13.3M/16.6Mbytes/secでデータを転送できる。1Gbytes以上の容量を備えるIDEハードディスクなら、ほとんどがマルチワードDMAモード2まで対応している。一般的に、バスマスターIDEでは、このマルチワードDMAモードか、より高速なUltra DMA/33モードが使用される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

マルチワードDMAモードの関連キーワードプライマリIDEセカンダリIDEウルトラATA66カードFast ATAIDE32GBの壁Serial ATAIDE (ATAPI)PIOモードファビオ・イデ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone