コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチワードDMAモード

1件 の用語解説(マルチワードDMAモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチワードDMAモード

IDEインターフェイスにおいて、複数のデータを連続的に一括でDMA転送するモードATA-2/3/4では、マルチワードDMAモード 0~2までが定義されており、それぞれ4.2M/13.3M/16.6Mbytes/secでデータを転送できる。1Gbytes以上の容量を備えるIDEハードディスクなら、ほとんどがマルチワードDMAモード2まで対応している。一般的に、バスマスターIDEでは、このマルチワードDMAモードか、より高速なUltra DMA/33モードが使用される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルチワードDMAモードの関連キーワードヒューマンインターフェースキャラクターベースインターフェースキャラクターユーザーインターフェースコマンドインターフェースコマンドラインインターフェースシリアルインターフェースパラレルインターフェースフェースツーフェースブレーンマシンインターフェースマンマシンインターフェース

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone