コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチワードDMAモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチワードDMAモード

IDEインターフェイスにおいて、複数のデータを連続的に一括でDMA転送するモード。ATA-2/3/4では、マルチワードDMAモード 0~2までが定義されており、それぞれ4.2M/13.3M/16.6Mbytes/secでデータを転送できる。1Gbytes以上の容量を備えるIDEハードディスクなら、ほとんどがマルチワードDMAモード2まで対応している。一般的に、バスマスターIDEでは、このマルチワードDMAモードか、より高速なUltra DMA/33モードが使用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる