マルチワードDMAモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチワードDMAモード

IDEインターフェイスにおいて、複数のデータを連続的に一括でDMA転送するモード。ATA-2/3/4では、マルチワードDMAモード 0~2までが定義されており、それぞれ4.2M/13.3M/16.6Mbytes/secでデータを転送できる。1Gbytes以上の容量を備えるIDEハードディスクなら、ほとんどがマルチワードDMAモード2まで対応している。一般的に、バスマスターIDEでは、このマルチワードDMAモードか、より高速なUltra DMA/33モードが使用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android