一括(読み)いっかつ

精選版 日本国語大辞典 「一括」の意味・読み・例文・類語

いっ‐かつ ‥クヮツ【一括】

〘名〙 多くの物事を一つにまとめること。また、まとめたもの。ひとたばね。ひとくくり。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉四「一括の繿縷(〈注〉ぼろ)、虱巣穴を為し」
※福翁自伝(1899)老余の半生「私が家に居り世に処するの法を一括(イックヮツ)して手短に申せば」

ひと‐くくり【一括】

〘名〙 多くの物を一つにまとめくくること。また、そのもの。いっかつ。〔いろは字(1559)〕

ひと‐くるめ【一括】

〘名〙 一つにくくること。一まとめ。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「帝も后も一くるめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「一括」の意味・読み・例文・類語

いっ‐かつ〔‐クワツ〕【一括】

[名](スル)一つにまとめること。また、まとめたもの。「一括して購入する」「一括審議」「かな漢字一括変換」
[類語]総合総括統括包括統合集約集成締めくく統一包括的総合的統一的横断的重層的複眼的多面的十把一絡ひとから一体化一本化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android