マルティンガルシア島(読み)マルティンガルシアとう(英語表記)Isla Martín García

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルティンガルシア島
マルティンガルシアとう
Isla Martín García

アルゼンチンとウルグアイにはさまれたラプラタ川と呼ばれる大三角江の最奥部,パラナ川とウルグアイ川の合流点近くにある島。ブエノスアイレスの北約 50km,ウルグアイ側の岸から約 3kmのところに位置する。面積約 2km2の花崗岩の小島であるが,大西洋からラプラタ川を経てパラナ,ウルグアイ両川を遡航する船舶の航行管制基地として重要。 1814年アルゼンチン軍がスペインから奪取。 79年対インディオ戦争での捕虜が埋葬されたほか,アルゼンチン大統領イリゴイェン,ペロン,フロンディシなどの流刑地として利用された。現在アルゼンチン領としてブエノスアイレス州に編入され,同国の軍事基地がおかれているが,ウルグアイも領有を主張している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android