コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンサブダーリー制 マンサブダーリーせいManṣabdārī System

世界大百科事典 第2版の解説

マンサブダーリーせい【マンサブダーリー制 Manṣabdārī System】

インドのムガル帝国における軍事・官僚機構。第3代皇帝アクバル時代(1556‐1605)の中期,1570年代半ばから90年代にかけて成立したといわれる。マンサブmanṣabはアラビア語で〈位階〉を意味し,ダールdārは〈持つ〉の意のペルシア語dāshtanの語根で,〈マンサブダールmanṣabdār〉は位階を持つ者の意。当初の制度では,軍人,一般官僚を問わず,帝国に仕える者はすべて,皇帝からマンサブ(最低10位から臣下としての最高5000位まで)を与えられ,なんらかの功績のあるごとに昇進していくしくみとなっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンサブダーリー制の言及

【ムガル帝国】より

…帝国領内の土地は給与地(ジャーギール)と政府領地(ハーリサ)とにほぼ大別されるが,大部分を占めるのはジャーギールであり,ここからあがる税収分は,部将・高官たちの帝国統治や軍務のための給与として与えられた。 ムガルの官僚はマンサブダーリー制によって組織された。マンサブとは位階であり,原則として軍事・民政を問わずすべての官僚がこれによって序列づけられた。…

※「マンサブダーリー制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android