コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダ教 マンダきょうMandaeanism

1件 の用語解説(マンダ教の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マンダきょう【マンダ教 Mandaeanism】

イラクのティグリス,ユーフラテス下流域およびイランフージスターンに現存する,グノーシス主義の特異な混合宗教。教徒数は2000人前後と推定される。その名称は,教徒の用いるアラム語の一方言のマンダーmandā(霊知)に由来する。教徒はアラビア語では,サービアṢābi‘aと称される。その最も特徴的な儀礼は,流水で浸礼を行うことである。川は北方の山岳に天上より流れ下るとする観念によるもので,教徒は北方に向き礼拝する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマンダ教の言及

【グノーシス主義】より


[シリア・パレスティナ]
 グノーシスの祖と称されるシモン・マグスは1世紀サマリアで活動した(ただしこの人については異説がある)。今日まで続いている洗礼教団として注目されるマンダ教は,東ヨルダンに興ったグノーシス・セクトである。起源は1世紀にさかのぼるかもしれない。…

※「マンダ教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone