コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンディ Mandi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンディ
Mandi

インド北西部,ヒマチャルプラデーシュ州中南部の町。シムラの北北西約 70km,シバーリク山脈中のベアズ川沿岸に位置。ヒマラヤ山脈越えの交通の要衝で,中国のチベット (西蔵) 自治区西部やシンチャン (新疆) ウイグル自治区西部との交易地として栄えた。米,トウモロコシサトウキビ,タバコなどを集散製糖,たばこ工場がある。人口2万 3208 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンディの関連キーワードオルデリークス・ヴィターリスポン・オードメル・スパニエルノルマンディー・バリエールヒマチャル・プラデシュバイユーのタペストリーノルマンディー上陸作戦オートノルマンディーバスノルマンディーゴールデンテンプルロバート クラフトゾーンディフェンスニュ=ピエの反乱バリー マニロウコタンタン半島ノルマンディーマンディアルグビル ドゲットロビン・フッドノルマンディ風ノルマン様式

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンディの関連情報