コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンディ Mandi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンディ
Mandi

インド北西部,ヒマチャルプラデーシュ州中南部の町。シムラの北北西約 70km,シバーリク山脈中のベアズ川沿岸に位置。ヒマラヤ山脈越えの交通の要衝で,中国のチベット (西蔵) 自治区西部やシンチャン (新疆) ウイグル自治区西部との交易地として栄えた。米,トウモロコシサトウキビ,タバコなどを集散製糖,たばこ工場がある。人口2万 3208 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンディの関連キーワードオルデリークス・ヴィターリスモン・サン・ミシェルマラソンポン・オードメル・スパニエルノルマンディー・バリエールジュリー アンドリュースヒマチャル・プラデシュノルマンディー上陸作戦オートノルマンディーロバート クラフトアランソン(公家)アップルブランデーバスノルマンディーゾーンディフェンスゴールデンテンプルバリー マニロウマンディアルグロビン・フッドコタンタン半島ビル ドゲットノルマンディー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンディの関連情報