コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンヌロン酸

栄養・生化学辞典の解説

マンヌロン酸

 C6H10O7 (mw194.14).

 ウロン酸の一つ.海藻のアルギン酸などの成分として含まれる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のマンヌロン酸の言及

【ウロン酸】より

…広義には,ケト基をもつ単糖類,すなわちケトースの末端アルコールが酸化された場合(どちらの末端が酸化されるかに応じて2種類存在する)も含むが,一般には前者のアルドウロン酸をさす。母体となるアルドースの語幹を付して,グルクロン酸,ガラクツロン酸,マンヌロン酸などと呼ぶ。天然にはこれら3種のウロン酸が存在し,多糖類の成分として分布している。…

※「マンヌロン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マンヌロン酸の関連キーワードイズロン酸ガラクツロン酸グルクロン酸ガラクツロン酸グルクロン酸アミノ馬尿酸カフェインフェルラ酸

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android