コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンヌロン酸

1件 の用語解説(マンヌロン酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

マンヌロン酸

 C6H10O7 (mw194.14).

 ウロン酸の一つ.海藻のアルギン酸などの成分として含まれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマンヌロン酸の言及

【ウロン酸】より

…広義には,ケト基をもつ単糖類,すなわちケトースの末端アルコールが酸化された場合(どちらの末端が酸化されるかに応じて2種類存在する)も含むが,一般には前者のアルドウロン酸をさす。母体となるアルドースの語幹を付して,グルクロン酸,ガラクツロン酸,マンヌロン酸などと呼ぶ。天然にはこれら3種のウロン酸が存在し,多糖類の成分として分布している。…

※「マンヌロン酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンヌロン酸の関連キーワード百韻アミノ馬尿酸イズロン酸ガラクツロン酸ジペプチジルアミノペプチダーゼフェルラ酸県犬養石次モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調/piano soloバルトーク:14のピアノの小品(14のパガテル)/piano soloドゥシェク:ソナタ(14曲)/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone