マージン取引(読み)マージントリヒキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マージン取引
まーじんとりひき
margin trading

もとはアメリカの証拠金取引をさし、顧客が証券業者から信用供与を受けて行う売買のこと。日本の信用取引はこの取引方法に倣ったもので、当初、信用取引はマージン取引ともよばれていた。関西では現在でもこの呼び方が用いられている。[桶田 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

マージン‐とりひき【マージン取引】

〘名〙 信用取引を利用して株の売買をすること。主に大阪地方で信用取引の通称として使う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android