コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーチソン川 マーチソンがわ Murchison River

2件 の用語解説(マーチソン川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーチソン川
マーチソンがわ
Murchison River

オーストラリア,ウェスタンオーストラリア州西部の川。ロビンソン山脈中に源を発し南西流してジェラルトンの北 150kmの地点でインド洋に注ぐ。全長 725km。 1890年代に流域各地で金が発見されゴールドラッシュとなった歴史がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーチソン川
まーちそんがわ
Murchison

オーストラリア西部、ウェスタン・オーストラリア州の川。長さ725キロメートル。ロビンソン山地に発し、南西流してジェラルトン北方でインド洋に注ぐ。冬季のみ地表流がみられる。1890年代に上流部で金鉱が開かれた。1839年にサウスオーストラリア総督のグレイGeorge Grey(1812―1898)が到達し、イギリスの地質学者R・I・マーチソンにちなみ命名。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーチソン川の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア抗原ホークオーストラリア亜区オーストラリアンバロットウエスタンオーストラリア西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域オーストラリア学会

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone