マーナサローワル[湖](読み)マーナサローワル

百科事典マイペディアの解説

マーナサローワル[湖]【マーナサローワル】

中国,チベット南西部,ナムナニ山とカイラス山の間にある湖。チベット語ではマパムユムツォ(瑪旁雍錯)。湖面標高4587m。面積412km2。湖水は透明度が高く14m以上ある。北西のラカス(拉昂錯)湖に通じている。かつてはラカス湖からランチェン・カンバブ(象泉河=サトレジ川)に流出していたが,1976年の調査で,湖面が低下し川とは寸断されていることが判明した。一帯は古くから仏教やヒンドゥー教の聖地となっており,この湖はインド神話上の神聖な湖〈マーナサ〉に比定されている。
→関連項目ヤルンズアンボ[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のマーナサローワル[湖]の言及

【マーナサ[湖]】より

…マーナサ湖はこの神話において重要な場面となっているばかりでなく,仏教神話にいう四大河の発源するアナバタプタ(阿耨達池(あのくだつち))もこの湖を指すとされる。現在の中華人民共和国チベット自治区南西部に位置するマーナサローワル湖(マパム・ツォともいう。面積500km2,湖面の標高4602m)がこれにあたるといわれる。…

※「マーナサローワル[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android