コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーナサローワル[湖] マーナサローワル

1件 の用語解説(マーナサローワル[湖]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マーナサローワル[湖]【マーナサローワル】

中国,チベット南西部,ナムナニ山とカイラス山の間にある湖。チベット語ではマパムユムツォ(瑪旁雍錯)。湖面標高4587m。面積412km2。湖水は透明度が高く14m以上ある。
→関連項目ヤルンズアンボ[川]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のマーナサローワル[湖]の言及

【マーナサ[湖]】より

…マーナサ湖はこの神話において重要な場面となっているばかりでなく,仏教神話にいう四大河の発源するアナバタプタ(阿耨達池(あのくだつち))もこの湖を指すとされる。現在の中華人民共和国チベット自治区南西部に位置するマーナサローワル湖(マパム・ツォともいう。面積500km2,湖面の標高4602m)がこれにあたるといわれる。…

※「マーナサローワル[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone