コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーニッカバーサガル Māṇikkavācakar

世界大百科事典 第2版の解説

マーニッカバーサガル【Māṇikkavācakar】

中世南インドのシバ教の代表的宗教詩人で神秘思想家。9世紀ころの人。6世紀以降に南インドで栄えたバクティ(信愛)運動の頂点に位置する。作品には,タミル文学の恋愛詩の技法を用いて神と人間との愛を描いた《ティルコーバイヤールTirukkōvaiyār》と,シバへのバクティを主題とする《ティルバーサガムTiruvācakam》があり,ともにシバ教の聖典《ティルムライTirumurai》(11世紀後半に完成)に収められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーニッカバーサガルの言及

【シバ派】より

…この派では,たくさんの聖者が数えられているが,そのなかでも有名なのは,アッパル(7世紀)とニャーナサンバンダル(7世紀)とスンダラル(8あるいは9世紀)であり,しばしば〈三聖〉と称せられる。また,〈そのことばはルビーのごとくである〉とたたえられるマーニッカバーサガル(10世紀)も重要な人物である。彼らが,シバ神への熱烈な信愛の情感をこめ,タミル語で創作した賛歌は,《デーバーラム》や《ティルバーチャカム》などの賛歌集としてまとめられ,今日にいたるも愛唱されている。…

※「マーニッカバーサガル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android