マーラ ヤマウチ(英語表記)Mara Yamauchi

最新 世界スポーツ人名事典の解説

マーラ ヤマウチ
Mara Yamauchi
マラソン

マラソン選手
生年月日:1971年8月13日
国籍:英国
出生地:オックスフォード
学歴:オックスフォード大学政治経済学部;ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス政治経済学修士課程修了
経歴:8歳までケニアのナイロビに在住。1996年英国外務省に入省。’98年日本に赴任。’99年駐日英国大使館2等書記官政治部に就任。サッチャー元首相の日本訪問時には通訳を務め、2002年のサッカー日韓W杯の際には、イングランド代表のフーリガン対策に奔走した。同年日本人男性と結婚。2003年英国に帰国、1等書記官。2005年世界選手権女子マラソン18位。2006年マラソンに専念するため外務省を休職し、東京を拠点に活動。同年ロンドン・マラソンで英国出身の人気ランナー、ポーラ・ラドクリフに次ぐ英国歴代2位の2時間25分13秒をマークし6位。2007年世界選手権大阪大会9位。2008年大阪国際女子マラソンで2時間25分10秒の自己ベストで初優勝。8月北京五輪は6位。11月東京国際女子マラソンは自己ベストを更新して3位。2009年4月ロンドン・マラソンは自己新記録の2時間23分12秒で2位。2010年3月ニューヨークシティ・ハーフマラソン優勝。2012年地元開催となったロンドン五輪は途中棄権に終わる。2013年現役引退。日本語に堪能。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

マーラ ヤマウチ
Mara Yamauchi

職業・肩書
元マラソン選手

国籍
英国

生年月日
1971年8月13日

出生地
オックスフォード

旧名・旧姓
Myers

学歴
オックスフォード大学政治経済学部,ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(L.S.E.)政治経済学修士課程修了

経歴
8歳までケニアのナイロビに在住。1996年英国外務省に入省。’98年日本に赴任。’99年駐日英国大使館2等書記官政治部に就任。サッチャー首相の日本訪問時には通訳を務め、2002年のサッカー日韓W杯の際には、イングランド代表のフーリガン対策に奔走した。同年日本人男性と結婚。2003年英国に帰国、1等書記官。2005年世界選手権女子マラソン18位。2006年マラソンに専念するため外務省を休職し、東京を拠点に活動。同年ロンドン・マラソンで英国出身の人気ランナー、ポーラ・ラドクリフに次ぐ英国歴代2位の2時間25分13秒をマークし6位。2007年世界選手権大阪大会9位。2008年大阪国際女子マラソンで2時間25分10秒の自己ベストで初優勝。8月北京五輪は6位。11月東京国際女子マラソンは自己ベストを更新して3位。2009年4月ロンドン・マラソンは自己新記録の2時間23分12秒で2位。2010年3月ニューヨークシティ・ハーフマラソン優勝。2012年地元開催となったロンドン五輪は途中棄権に終わる。2013年現役引退。日本語に堪能。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android