コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーリク・ブン・アナス Mālik b.Anas

1件 の用語解説(マーリク・ブン・アナスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マーリク・ブン・アナス【Mālik b.Anas】

709ころ‐795
イスラムの法学者。スンナ派四法学派の一つマーリク派の祖。祖父も父もメディナの学者として知られ,彼自身もメディナで生まれ,学び,没した。生前からメディナの初期法学派の巨頭として大きな影響力をもっていた。アッバース朝カリフもしばしば彼に法に関する意見を諮問し,カリフ,ハールーン・アッラシードは巡礼の際,彼の自宅を表敬訪問した。主著は《ムワッターKitāb al‐Muwaṭṭa’》。【後藤 晃】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マーリク・ブン・アナスの関連キーワード公害訴訟逢坂関失火責任法損害賠償不法行為減反生産数量目標全基停止後の地域経済公費解体制度レオ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone