コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーリク・ブン・アナス Mālik b.Anas

1件 の用語解説(マーリク・ブン・アナスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マーリク・ブン・アナス【Mālik b.Anas】

709ころ‐795
イスラムの法学者。スンナ派四法学派の一つマーリク派の祖。祖父も父もメディナの学者として知られ,彼自身もメディナで生まれ,学び,没した。生前からメディナの初期法学派の巨頭として大きな影響力をもっていた。アッバース朝カリフもしばしば彼に法に関する意見を諮問し,カリフ,ハールーン・アッラシードは巡礼の際,彼の自宅を表敬訪問した。主著は《ムワッターKitāb al‐Muwaṭṭa’》。【後藤 晃】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マーリク・ブン・アナスの関連キーワードジンミースンナスンナ派汎イスラム主義アフマドイブンハンバルイスラム債券イスラム聖戦機構イブンタイミーヤシャーフィイー中央アジアのイスラム

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone