巨頭(読み)きょとう

精選版 日本国語大辞典「巨頭」の解説

きょ‐とう【巨頭】

〘名〙
① 大きなあたま。おおあたま。〔医語類聚(1872)〕
② ある団体や分野などで、重要な地位にある者。特に、政界、財界などで実権があり、世界を動かすような大立て者。
※裸に虱なし(1920)〈宮武外骨〉知識階級に徴兵忌避者の多き理由「軍閥(キョトウ)としてコンナ論を唱へるのは当然であるか知らないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巨頭」の解説

きょ‐とう【巨頭】

大きな頭。
その方面に多大な影響を与える重要な地位にある人物。大立者。「財界の巨頭

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android