コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミオジプシナ ミオジプシナMiogypsina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミオジプシナ
Miogypsina

原生生物界有孔虫門ミオジプシナ科の代表属。外観は扇状を呈する石灰質大型有孔虫で,扇のかなめにあたる部分が最も厚くなっている。菱形の中央房と,その両側に発達する側房からなる 3層構造を示す。古第三紀漸新世後期から新第三紀中新世前期の暖海性浅海堆積物に産する示準化石。(→有孔虫類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミオジプシナの関連キーワードミオジプシノイデス門ノ沢動物群

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android