コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漸新世 ぜんしんせいOligocene Epoch

6件 の用語解説(漸新世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漸新世
ぜんしんせい
Oligocene Epoch

地質時代の年代区分の一つで,新生代に属する古第三紀を三分した際の最後の。1854年 E.バイリヒが命名。約 3390万年前から約 2300万年前の期間。チャールズライエル百分率法区分では貝化石中の現世種が 10~15%のものを漸新世とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんしん‐せい【漸新世】

地質時代の区分の一。古第三紀を3分した場合の最後の時代。3800万年前から2400万年前まで。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

漸新世【ぜんしんせい】

古第三紀を3分した場合の最後の地質時代名。3540万〜2330万年前。ライエルが第三紀を区分した時はなかったが,後にバイリヒがマインツ盆地を模式地として命名。
→関連項目第三紀バルキテリウムブロントテリウムマストドンメソヒップス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんしんせい【漸新世 Oligocene】

地質時代の区分の一つ。新生代第三紀の中ごろ,約3800万年前から2500万年前までの時代。この時代は前の始新世の海進期に続く海退期で,世界中で地層の欠如している地域が多い。日本でも西南日本太平洋岸を除いては,小区域に分布するだけである。気候は現在程度か,現在よりやや温暖。この時代の中ごろから,それまで広い海域であったアルプスヒマラヤ地帯に陸地が現れ,その後の著しい隆起の前駆をなしている。地質時代【鎮西 清高】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんしんせい【漸新世】

新生代古第三紀を三つに区分した場合の最後の時期。約三八〇〇万年前から二四〇〇万年前までの期間。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漸新世
ぜんしんせい
Oligocene

地質時代の時代区分の一つで、新生代の古第三紀を三つに分けたときの最後の時期。およそ3390万年前から2303万年前までの時代をいう。漸新世に形成された地層を漸新統という。気候はしだいに寒冷化した。著しい海退期にあたり、地層の分布が狭い。この時代の後半にはヒマラヤ―アルプス山脈で激しい造山運動が始まり、その後の激しい隆起で現在のような山脈ができた。動物界では現在と共通する種はまだきわめて少ない。[山口寿之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の漸新世の言及

【古第三紀】より

…この時代は大型有孔虫のヌンムライト(貨幣石)の化石が多いため,フランスなどでは貨幣石紀とよぶ。古第三紀は古いほうから,暁新世,始新世,漸新世に三分され,暁新世と始新世の境界は5500万年前,始新世と漸新世の境界は3800万年前とされる。古第三紀は原始哺乳類の時代で,現在みられる哺乳類の多くのグループの祖先型が出現した。…

※「漸新世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone