コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカヅキモ(三日月藻) ミカヅキモClosterium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカヅキモ(三日月藻)
ミカヅキモ
Closterium

緑藻類接合藻類ホシミドロ目チリモ科の藻類。湿原のたまり水,湖沼などで比較的きれいな水中に発生する。藻体は単細胞,両端がとがった角形で,三日月によく似ている。細胞は長さ 100~800μm,中央に核があり,上下対称的な構造であるが,中央部にくびれはみられない。全世界に分布しており,日本から 80以上の種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミカヅキモ【ミカヅキモ(三日月藻) Closterium】

単細胞性の接合藻類の1属で,体は細長くて両端がとがり,全体は三日月形に湾曲する(イラスト)。中央部にくびれはないが,体の左右の部分は半細胞と呼ばれる。葉緑体長軸から稜線を数個放射状に突出させた形状で,半細胞に1個ずつ,計2個あり,核はそれらを連結する中央部に1個ある。ピレノイドは数個あって,長軸に沿って位置することが多い。無性生殖は細胞中央部で横分裂が起こり,2個の細胞ができることによる。分離した半細胞はそれぞれ新たに足らない半細胞をつくりだす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android