コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミキシンググラス mixing glass

デジタル大辞泉の解説

ミキシング‐グラス(mixing glass)

カクテルなどの材料を混ぜるのに用いる肉厚のグラス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ミキシンググラス【mixing glass】

アルコール類やソーダなどをバースプーンで攪拌(かくはん)する、ステアという技法でカクテルを作るときに用いる注ぎ口のついた大きめのグラス。ガラス製で、ステアがしやすいように厚手で重量感がある。ステア後、ストレーナーをふたのようにかぶせて、氷を避け、カクテルのみを注ぐ。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のミキシンググラスの言及

【カクテル】より

…シェーカーに氷と材料を入れ手早く振って冷たく混ぜあわす。ミキシンググラスに氷と材料を入れロングスプーンでかき混ぜる。グラスで直接作る。…

※「ミキシンググラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミキシンググラスの関連キーワードマンハッタン(カクテル)ラスティーネイルカクテルの用語オールドパルマティーニミキシングバーグラスハンターバンブーアドニス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android