コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かくはん

2件 の用語解説(かくはんの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

かくはん

 かきまぜること.食品工業では多くの工程でかくはんが行われ,多くの種類のかくはん機がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かくはん
かくはん / 攪拌
agitationstirring

数種類の物質を均一に混合するためのかきまぜ操作をいう。化学工業用語では「かきまぜ」という。混合と攪拌はあまり明確な区別なしに使われているが、数種の物質を混ぜて均一な製品をつくる操作を一般的に混合といい、混合のなかでも、かならずしも均一な製品をつくることのみを目的とせず、取り扱う物質の主体が低粘性の液体で、化学反応の促進、調合、溶解、洗浄、分散、伝熱などの目的でかきまぜる操作を攪拌という。高粘性あるいは塑性流体の混合は捏和(ねっか)という。攪拌は、冶金(やきん)工業、化学工業などで古くから用いられているが、工学的に研究されたのはここ数十年のことにすぎない。[早川豊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かくはんの関連キーワード扱き混ぜるごしゃごしゃ搗き交ぜる掻き混ぜ掻き混ぜる取混ぜる攪てる混ぜ混ぜる食品工学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かくはんの関連情報