コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロフィブリル

1件 の用語解説(ミクロフィブリルの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

ミクロフィブリル

 表皮細胞で作られるケラチン繊維の単位で,例えば羊毛などもミクロフィブリルである.表皮細胞内にも認められる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミクロフィブリルの言及

【セルロース】より

…セルロース分子の集合体が,バクテリアの細胞壁を取り囲むゲル状物質の中から30秒の誘導期間後に現れる。34℃では,ミクロフィブリル(微細繊維)と呼ばれる紐は毎分約0.2μmの速度で生長していく。このとき,2種類の酵素が働いて,生長しているセルロースの両末端にグルコース単位を続々と結合させ,さらに,このようなセルロース分子が集合して一次フィブリルが形成される。…

※「ミクロフィブリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミクロフィブリルの関連キーワードケラチン皮膚ゼラチン版繊維細胞ボロンロッド内皮細胞角化細胞感覚上皮細胞筋上皮細胞メルケル細胞

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミクロフィブリルの関連情報