コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサイル技術管理レジーム ミサイルギジュツカンリレジーム

1件 の用語解説(ミサイル技術管理レジームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミサイルぎじゅつ‐かんりレジーム〔‐クワンリ‐〕【ミサイル技術管理レジーム】

《「大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制」の通称》核兵器などの大量破壊兵器を運搬可能なミサイルの拡散を防止するために設立された、国際的な輸出規制措置。1987年にG7の間で発足し、35か国が参加(2016年7月現在)。ミサイルや関連汎用品・技術の輸出に関するガイドラインや規制品目リストを定め、参加国は国内法令に基づいて自主的に輸出の規制・管理を行う。ミサイル関連技術輸出規制。MTCR(missile technology control regime)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミサイル技術管理レジームの関連情報