コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサイル技術管理レジーム ミサイルギジュツカンリレジーム

デジタル大辞泉の解説

ミサイルぎじゅつ‐かんりレジーム〔‐クワンリ‐〕【ミサイル技術管理レジーム】

《「大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制」の通称》核兵器などの大量破壊兵器を運搬可能なミサイルの拡散を防止するために設立された、国際的な輸出規制措置。1987年にG7の間で発足し、35か国が参加(2017年7月現在)。ミサイルや関連汎用品・技術の輸出に関するガイドラインや規制品目リストを定め、参加国は国内法令に基づいて自主的に輸出の規制・管理を行う。ミサイル関連技術輸出規制MTCR(missile technology control regime)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ミサイル技術管理レジームの関連キーワードハーグ行動規範

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android