コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシブルドライブ法 ミシブルドライブほうmiscible drive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシブルドライブ法
ミシブルドライブほう
miscible drive

石油の3次回収法の一種。油層内の原油と完全に混和する流体を圧入し,残存原油採取効率を上げる方法。流体との混和により油層内油との間で界面張力が著しく低下した状態をつくり,これを圧入方式で採集する。圧入流体との間で混和状態になる条件が油の状態により異なるため,炭酸ガス,窒素ガス,炭化水素ガスなどの数種類の流体が利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミシブルドライブ法の関連キーワード2次回収法

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android