ミシュナ・ヘブライ語(読み)ミシュナ・ヘブライご(英語表記)Mishnaic Hebrew language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミシュナ・ヘブライ語
ミシュナ・ヘブライご
Mishnaic Hebrew language

2世紀末に成立した,ユダヤ教の律法解説書『ミシュナ』に用いられているヘブライ語。旧約聖書のヘブライ語に比べてアラム語などの影響を受けて音韻も文法も変化をこうむり,語彙が豊富になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のミシュナ・ヘブライ語の言及

【ヘブライ語】より

…聖書の子音本文は1世紀ころ,母音・アクセント等の発音は最終的には10世紀初頭ころまでに確定されたものである。 しかし語彙や文体の面ではある程度の時代差が認められ,後期の文書はクムラン文書とともに,その言語は次期のミシュナ・ヘブライ語Mishnaic Hebrewに近い。この後期の聖書ヘブライ語からもうかがえるように,ヘブライ語は前6世紀の第2回捕囚後ただちに死語化したのではなく,上述の古アラム語から発達して当時の中東地域の共通言語となっていた帝国アラム語の影響をしだいに強く受けながら,ミシュナ・ヘブライ語に移行したのであって,200年ころに編集されたユダヤ教文書(ミシュナ,ミドラシュなど)の言語がその代表である。…

※「ミシュナ・ヘブライ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android