コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミスル銀行 ミスルぎんこう Bank Miṣr

1件 の用語解説(ミスル銀行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミスルぎんこう【ミスル銀行 Bank Miṣr】

エジプト最初の民族銀行。1920年,タラアト・ハルブが民族産業振興を目的にエジプト人出資者から8万エジプトポンドを募り,同行を設立した。第1次大戦中に成長した土着ブルジョアジー・地主層の投資や,22年イギリス軍事占領を脱したエジプト政府の国内産業奨励政策を背景に,同行の資本と預金高は伸び続け,農民融資をはかる一方,22年から直接経営による一連の商工業企業群(ミスルグループ)の設立に着手した。27年設立のミスル紡績織物会社は近代的大規模工場で,エジプト民族工業の幕明けとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミスル銀行の関連キーワードエジプト暦出エジプト記モーセエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト行進曲エジプト風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone