特需(読み)とくじゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特需
とくじゅ

一般に戦争などの経済外的要因により増大した需要をいう。朝鮮戦争中にアメリカ軍が日本から買付けた軍物資,サービスなどの需要を特需と呼んだのが始り。また在日アメリカ駐留軍の公用および私用の消費,支払いも特需に含まれた。 1952~53年の朝鮮戦争特需の最盛期には年8億ドルをこえ,1950年代を通じて4~5億ドル台を維持した。朝鮮特需は日本における国際収支の赤字を補填し,外貨蓄積を推し進め,第2次世界大戦後の日本経済の復興と発展の重要な基礎の一つとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

特需【とくじゅ】

朝鮮戦争に関連して在日米軍の購買機関等が日本国内で調達した物資・役務の需要。兵器,弾薬,軍事施設等を含み,大部分はドル払。朝鮮戦争時の特需は約24億ドルに達し,日本経済復興の大きな要因をなし,軍需産業再開への道も開いた。
→関連項目日本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくじゅ【特需】

特殊需要special procurementの略語。通常,1950年6月に勃発した朝鮮戦争に関連して発注された戦時の特殊な軍事需要(朝鮮特需)をいう。狭義には〈国連軍(主として在日米軍)が特需契約に基づいて調達する物資およびサービスの代金〉を呼び,広義には〈前記のほか日本に駐留する外国軍隊の消費(円セール)ならびに外国関係機関の支出に伴う受取り〉をも含む。このほか,52年以降のアメリカ本国での軍備拡大やアジア諸国への軍事援助に関連した日本への需要や,日本政府の防衛分担金支出のもたらす需要などが新特需と呼ばれたこともあるが,両者は必ずしも統計上区別されえない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とくじゅ【特需】

〔「特別需要」の略〕
在日アメリカ軍が日本で調達する物資および役務の需要をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特需
とくじゅ

アメリカ軍がアジアでの戦争遂行のため特別に生じた需要をいう。原則的には在日米軍の域外調達という契約で実現されたものをさす。第二次世界大戦後のアジア戦略において、兵器廠(しょう)としての日本工業の潜在能力を活用すべく、冷戦体制下のアメリカの必要から生まれた特需は、同時に日本独占資本の再編、とくに軍需産業の復活に決定的な役割を果たした。1950年(昭和25)後半から実質的に6年間続いた朝鮮特需の年平均契約高は2億7000万ドルといわれ、当時の日本の国際収支改善の重要なチャンスとなった。しかも、敗戦で膨大な遊休設備を持て余していた機械工業に需要をもたらし、独占復活の契機ともなった。1948年1月のロイヤル米陸軍長官の声明を受けて、東南アジア向けの軍用車両の修理生産開始(1948)、沖縄軍事基地建設の発注(1949)などの朝鮮特需は、日本の軍需産業復活の方向を決定づけた。50年7月マッカーサー元帥の指令による警察予備隊創設と相まって兵器生産復活が急がれ、翌51年9月の対日平和条約・日米安保条約に1か月先だって、GHQ(連合国最高司令部)は兵器製造を解禁、航空機工場など850工場を返還したが、戦争に従属する特需の発注は、日本独占の生産計画・設備資金計画を無視したため、操業停止工場も生まれた。そのため計画的・安定的な兵器需要に応じた日米相互防衛援助協定(MSA協定)が54年3月に結ばれ、防衛力増強の方向も確定的となった。同年7月のフランス軍のインドシナ敗北直後に開始されたアメリカのベトナム軍事援助を手始めにベトナム特需が始まった。65年のアメリカ地上軍の本格的投入を前提としたベトナム特需の最盛期(1966~68)には年間30億ドル以上といわれ、直接特需(航空機・艦艇修理)のほか間接特需(韓国、シンガポールなどベトナム参戦国家での現地生産)、アメリカ特需などがあったが、以後その規模も大型化・高度化し、日本経済の対米従属傾向をいっそう強めてゆくこととなった。[加藤幸三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特需の関連情報