ミズガヤツリ(水蚊張吊)(読み)ミズガヤツリ(英語表記)Cyperus serotinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズガヤツリ(水蚊張吊)
ミズガヤツリ
Cyperus serotinus

カヤツリグサ科の多年草。オオガヤツリともいう。日本全土,アジア,ヨーロッパに広く分布する。大型で茎の高さは 50~100cmあり,地下茎の先に小塊茎をつくる。葉は長く,茎の基部に少数あって基部で茶褐色の鞘になる。8~10月頃に,複生の花序をつけ,花序より長い総包片を3~4個つける。花穂は卵状楕円形,花柄には剛毛をもつことが多い。小穂は線形で紅褐色または淡緑色である。めしべの花柱が2本しかなく,他のカヤツリグサ類 (3本) と異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android