コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズヘビ ミズヘビHomalopsinae; freshwater snake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズヘビ
Homalopsinae; freshwater snake

トカゲ目ヘビ科ミズヘビ亜科に属する動物の総称。体長 30~120cm。水中生活に多少とも適応したヘビ類で,その程度には種類によってさまざまな段階があるが,一般に鼻孔や眼が背方に移行し,水にもぐるときには鼻孔も口も閉じることができる。適応の程度が比較的低いカワヘビ Enhydris plumbeaなどはおもに水辺の地上で生活するが,ヒゲミズヘビ Erpeton tentaculatumのように完全な水生で,腹面の鱗が退化しているものもある。多くは卵胎生。口の奥のほうに数対の溝をもった毒牙をそなえ,おもに魚類,甲殻類を食べる。アジア南部からオーストラリア北部にかけて分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミズヘビの関連キーワードシロハラミズヘビアカハラミズヘビヤスリミズヘビメクラヘビヌママムシヤスリヘビ盲蛇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android