コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズメイガ(水螟蛾) ミズメイガ

1件 の用語解説(ミズメイガ(水螟蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミズメイガ【ミズメイガ(水螟蛾)】

鱗翅目メイガミズメイガ亜科Nymphulinaeの昆虫の総称。日本産既知種が600種をこえるメイガ科のなかでは小さな亜科で,現在28種しか知られていない。翅の開張1.5~3cmくらいで,おもに小型,夜行性の種を含む。鱗翅目の幼虫は一般に地上に生えた草や木の葉,茎,果実などを食べており,水生植物に寄生する場合は茎や葉に潜り直接水に触れないが,ミズメイガの幼虫の多くは水生で,水生の植物に寄生する。したがって,沼沢地や湿地帯にすむものが多く,日本のように全国的に開発の進んだ現在では,この亜科の産地はひじょうに局所的となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミズメイガ(水螟蛾)の関連キーワード三化螟蛾二化螟蛾螟蛾螟虫一点大螟蛾髄虫名画座スジマダラメイガノシメマダラメイガ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone