コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルムシロ

百科事典マイペディアの解説

ヒルムシロ

ヒルムシロ科の多年生の浮遊性水草。日本全土,東アジアに分布し,湖沼や河川などの水中にはえる。茎は泥中の根茎から出て長さは水深によって変わり,10〜300cm,沈水葉は細長く,浮葉は長楕円形で長い柄がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒルムシロ【Potamogeton distinctus Bennett】

池や沼に生えるヒルムシロ科の多年草(イラスト)。根茎は水底の泥の中を横にはい,一節おきに水中茎を分枝する。水中茎は下部に沈水葉,上部に浮水葉をつける。葉のほとんどは互生するが,花序の直下につく浮水葉は対生する。葉柄の長さは水深によって異なり,5cmから20cmに達する。沈水葉の葉身披針形で,薄く半透明,長さ15cm,幅2.5cmになる。浮水葉の葉身は長楕円形で,長さ5~10cm,幅2~4cm,表面は緑色でつやがあり,裏面は黄緑色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒルムシロ
ひるむしろ / 蛭蓆
[学]Potamogeton distinctus A. Benn.

ヒルムシロ科の浮葉性多年草。池沼や小川および水田など、水深1メートル以内の浅水中に群生する。種子および根茎の先端に生じる殖芽で越冬する。根茎は泥中を横走し、節から白色で糸状の根と水中茎を出す。水深により水中茎の長さが異なり、普通10~60センチメートル、ときに3.5メートルに及ぶ。水中葉は互生し、狭長披針(ひしん)形で全縁。水流の強弱により葉柄と葉身の長さや形が異なる。浮葉は平滑で光沢がある。5~10月、黄褐色を帯びた2~6センチメートルの穂状花序を水面上に出す。果実は広卵形の堅果で長さ3~4ミリメートル。水田の雑草として知られ、日本およびアジア東部に分布する。名は、浮葉の形をヒルの休む蓆(むしろ)に例えたもの。[大滝末男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒルムシロの関連キーワードヒロハノエビモ(広葉蝦藻)センニンモ(仙人藻)ミズヒキモ(水引藻)ヤナギモ(柳藻)オヒルムシロ広葉の海老藻海産顕花植物海老藻・蝦藻蝦夷の蛭蓆ガシャモク細葉水引藻イトクズモ阿古免草ベントス根喰葉虫浮葉植物アマモ科エビモスガモ竜髭藻

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android