コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミセヌム Misenum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミセヌム
Misenum

ナポリ湾の北の岬に位置する古代ローマの海港都市。その名称は英雄アエネアスの鼓笛手ミセヌスの埋葬地に由来するといわれる。ローマ帝政期までは単に保養別荘地であった。その後オクタウィアヌス (アウグスツス ) ,M.アントニウスとセクスツス・ポンペイウスが,前 39年ミセヌムの協約を結び,M.アグリッパはこの地をローマの主要な軍港とし,都市は植民市 (コロニア ) となった。プリニウス (大) はここに海軍提督として駐在し,ベズビオ火山爆発の救援に行って殉職している。港は 400年頃から使用されなくなり,ついにアラブに破壊された。 G.マリウスの別荘,歴代皇帝の所領の遺跡が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミセヌムの関連キーワードプリニウス(Gaius Plinius Secundus)プリニウス(大)プリニウス[大]トリトンツルボ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android