コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミセヌム ミセヌムMisenum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミセヌム
Misenum

ナポリ湾の北の岬に位置する古代ローマの海港都市。その名称は英雄アエネアスの鼓笛手ミセヌスの埋葬地に由来するといわれる。ローマ帝政期までは単に保養別荘地であった。その後オクタウィアヌス (アウグスツス ) ,M.アントニウスとセクスツス・ポンペイウスが,前 39年ミセヌムの協約を結び,M.アグリッパはこの地をローマの主要な軍港とし,都市は植民市 (コロニア ) となった。プリニウス (大) はここに海軍提督として駐在し,ベズビオ火山爆発の救援に行って殉職している。港は 400年頃から使用されなくなり,ついにアラブに破壊された。 G.マリウスの別荘,歴代皇帝の所領の遺跡が残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミセヌムの関連キーワードプリニウス(Gaius Plinius Secundus)プリニウス(大)プリニウス[大]トリトンツルボ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android