コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグリッパ Agrippa, Marcus Vipsanius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグリッパ
Agrippa, Marcus Vipsanius

[生]前63頃
[没]前12.3. パンノニア
古代ローマの将軍,皇帝アウグスツスの腹心の部下。プレプス (平民) の出身でパトリキ (貴族) に嫌われたが,オクタウィアヌス (のちのアウグスツス) とともに政界に進出。前 43年おそらく護民官 (トリブヌス・プレビス ) に就任。前 40年ローマの警備長官となり,オクタウィアヌスと M.アントニウスの和議の立役者となった。前 39~38年アキタニアとライン地方を平定したが,凱旋祝賀を辞退。前 37年執政官 (コンスル ) 。前 36年セクツス・ポンペイウスをミレとナウロクスの海戦で破り,前 35~34年ダルマチア平定に偉功を立てた。前 33年建設長官としてローマの上下水道,浴場などの整備に莫大な私財を惜しみなく投入。前 31年アクチウムの海戦で艦隊を率いてアントニウス側を撃破,オクタウィアヌスの勝利を決定的なものにした。前 28~27年再び執政官。前 23年オクタウィアヌスの娘と再婚。前 17年帝国東部の皇帝総代理。前 15年ヘロデ大王の招きでユダヤにおもむき,ともに黒海沿岸のボスポロス王国を平定。前 13年総統大権 imperium majusを与えられたが,パンノニア遠征中,病を得て,前 12年死去。彼なくしてアウグスツスもなかったといわれている。

アグリッパ
Agrippa von Nettesheim

[生]1486.9.14. ケルン
[没]1535.2.18. グルノーブル
ルネサンスのドイツ哲学者。本名 Heinrich Cornelius Agrippa。 1509年軍人から転じてドール大学でロイヒリンを講じて教会と対立,10年ロンドンに行き,15年パビア大学で講義。各地を転々としたのち 24年リヨンの宮廷医師となり,29年皇帝カルル5世の修史官。ロイヒリン,ルルスの秘術,新プラトン主義の神秘思想の影響下に書いた『秘密哲学』 De occulta philosophia (1510) では,世界を三界に分ち,それを統一する世界霊魂を説いて宇宙有機体説をとり,ルネサンス自然哲学に影響を与えた。ほかに放浪のはてに,近世懐疑論のさきがけをなす『学問の不確実と空虚』 De incertitudine et vanitate scientiarum et artium (27~28) を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アグリッパ

ローマの将軍,政治家。オクタウィアヌス(アウグストゥス)の友人・部将。アクティウムの海戦で功をたて,属州統治に力を尽くし,オクタウィアヌスの後継者と目されたが,彼より先に死去。
→関連項目ポン・デュ・ガール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アグリッパ【Marcus Vipsanius Agrippa】

前63頃~前12) 古代ローマの政治家。オクタビアヌスを助けアクチウムの海戦に勝利。オクタビアヌスの女婿。パンテオン建築など大土木事業を行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アグリッパの関連キーワードポンヤコブ(イエスの十二使徒の一人)ヘロデス・アグリッパス2世ヘロデス・アグリッパス1世ヘルメス・トリスメギストスセクストス・エンピリコスアグリッパ・ポスツムスメリダのローマ劇場ローマのパンテオンアグリッピナ(大)アグリッピナ[大]コルニフィキウスメリダの遺跡群オクタビアヌスポンデュガールアグリッピナメゾン・カレティベリウスユリア(小)リュシッポス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android