アラブ(英語表記)Arab

翻訳|Arab

百科事典マイペディアの解説

アラブ

もとアラビア半島に住んでいたアラビア語を話す人びとで,現在は東はペルシア湾,イラン高原の西端から,西はモロッコに及ぶ地域を中心に分布。イスラムの拡大の過程でアラブ化した者も多い。古くは遊牧生活が支配的だったが,現在はほとんどが定住している。→アラブ民族主義
→関連項目アラビア半島アルジェリアマグリブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラブ【‘Arab】

歴史的には,もとアラビア半島に住み,のち中東地域に広く進出した人々。アラブがもともとアラビア半島に住んでいたかどうか,もしそうでないとすれば,彼らはどこから来たのかという問題は,現在なお未解決である(図)。彼らの言語アラビア語はセム系言語の一つで,古代南アラビア語およびエチオピア語からなる南セム語と,ヘブライ語ウガリト語アラム語からなる北西セム語との中間に位するという。現在アラビア語を母国語とする人々は,約1億5000万と推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アラブ【Arab】

アラブ人。
ウマの品種名。アラビア半島原産の乗用馬。サラブレッドより小柄で遺伝力が強く、世界各地の馬の改良に役立っている。スピードではサラブレッドに劣るが、耐久力に富む。アラビア馬。
アングロ-アラブの略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアラブの言及

【イスラム】より


【イスラムとはなにか】
 イスラムはアラブの預言者ムハンマドが610年に創唱した一神教で,世界宗教として西アジア,アフリカ,インド亜大陸,東南アジアを中心に現在ほぼ6億の信者をもつ。正しくはアラビア語でイスラームといい,〈唯一の神アッラーに絶対的に服従すること〉を意味する。…

【中東戦争】より

…1948年5月のイスラエル国家成立を機に始まったアラブ諸国とイスラエル国家の間の一連の戦争。アラブ・イスラエル紛争ともいう。…

【ベドウィン】より

…アラブ系遊牧民を指す。ベドウィンという呼称は,アラビア語の〈バドウbadw(バダウィー(男性形単数),バダウィーヤ(女性形単数))〉という語が,フランス人によりなまって発音されたのが始まりとされている。…

※「アラブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラブの関連情報